カガミツキログ

5日/15日/25日更新

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-08-25 [ Sun ]
20130825_blog.jpg
↑友だちの一六たんの誕生日オメ絵で描いたレインボー・ミカ

ライブ日記。

IMG_3490as.jpg

◆2013/7/27
もはや姉と行くのが恒例となっているACIDMANのライブへ。
もう既に四回目の武道館公演なんですね。貫禄あるわ…。

ACIDMAN LIVE TOUR "新世界"
日本武道館 / 2013.7.27

SE. gen to (intro)
01. SUSY
02. NO.6
03. swayed
04. 君の正体
05. ラストコード
06. Further ~夜になる前に~
07. スロウレイン
08. Can't Help Falling In Love
09. ALMA
10. 風追い人(前編)
11. 風追い人(後編)
12. アルケミスト
13. FREE STAR
14. to live
15. カタストロフ
16. 新世界
17. 白光
(Encore)
18. ある証明
19. Your Song
(W.Encore)
20. 廻る、巡る、その核へ


バックスクリーンに写す映像も今までより遥かにパワーアップしていて
音楽とマッチして感動を隠せませんでしたね。
感極まってしょっぱな「SUSY」から泣きそうになりました(この曲が一番好き)。

今回の新譜「新世界」はゆったりした曲が多めだったせいか
ライブのセットリストもそんな感じでした。それはそれでアリで良かったですね。

ACIDMANのツアーにはもう2007年の「green chord」から行っていますが
今後も欠かさず行くライブバンドなのは間違いない。

IMG_3516as.jpg

◆2013/8/9
LUNKHEADの「灼熱の夏みかん祭」に。
この日はまさに"灼熱のように"暑い日だったので
新宿LOFTに向かう途中に首にタオルを巻いて向かっていました(笑)

LUNKHEAD 「灼熱の夏みかん祭」
新宿LOFT / 2013.8.9

【第1部/NEW ALBUM「メメントモリ」全曲世界初生演奏】
01. メメント
02. 閃光
03. アルピニスタ
04. いきているから
05. 月の城
06. 明日死ぬぐらいの感じで
07. 壊れてくれない
08. raindrops
09. 未来を願ってしまった
10. 共犯
11. はるなつあきふゆはる
12. 幻灯

【第2部/LUNKHEADリクエストランキング】
01. 海月 (第10位)
02. ハイライト (第9位)
03. 朔日 (第8位)
04. 星の欠片 (第7位)
05. クローバー (第6位)
06. 魚の歌 (第5位)
07. すべて (第4位)
08. この剣斬れる (こぼれ落ちたみかん枠)
09. 鼻歌とサイドアウェイ (第3位)
10. 消えたプレヤード (第2位)
11. 恋をしている (第1位)
(Encore)
12. 恋をしている (G田ボーカルVer.)
13. カナリア ボックス


この日のライブは9月18日に発売される新譜を全曲いち早く聞けたり、
ライブではなかなか聞けない曲を中心にリクエストランキング上位10曲+1曲が聞ける
かなりレアなライブだったこともあって、
行く予定も無かったけどノリでチケットを買ってしまいました。
いや、でも実際行ってかなり良かったライブでした。

ランキングの結果もかなり意外でしたけど個人的にはかなり満足な結果です。
「恋をしている」は当時初めて聞いてかなり衝撃を受けたので、今でもかなり好きな曲。
あと「すべて」も曲をコピーしたことがある思い入れの曲でようやく聞けた(笑)

LUNKHEADはファンに優しいから、良いな~と心から思います。

IMG_3559as.jpg

◆2013/8/18
コミティア105が終わってすぐ新木場に向かう。
藍坊主をワンマンで見るのはこれで4度目。

aobozu TOUR 2013 ~境界を溶解する妖怪~
新木場STUDIO COAST / 2013.8.18

01. 音楽室から見た虹
02. 瞼の裏には
03. 伝言
04. 春風
05. 星霜、誘う
06. ハローグッバイ
07. サンダー
08. ベンチで手紙を読む老人
09. コイントス
10. Lumo
11. 夜の工場
12. グッバイコンデンサ
13. 彼女を修理
14. 宇宙が広がるスピードで (新曲)
15. 星のすみか
16. ウズラ
17. 青空
18. ハッピーリバースデー
19. ホタル
(Encore)
20. 宇宙が広がるスピードで (新曲)
21. 忘れないで
22. ジムノペディック


ミニアルバムの「ブルーメリー」のツアーで、
このアルバム、最初良さが分からず「?」となってたんですが
何度も何度も聞き返す中でようやく良さが分かるという、いわゆる「スルメ」。
今となっては大好きなミニアルバムなので、ライブが楽しみでしょうがなかったんですよね。

「夜の工場」、「彼女を修理」は本当に素敵な曲です。
ライブでの一番の盛り上がりでした(個人的に)。

という感じで、ライブに行きすぎていた7月下旬から8月半ばのライブ雑記でした。
はい、原稿やります。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nyolog.blog20.fc2.com/tb.php/1176-ef980d61

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

twitter/pixiv




ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。