カガミツキログ

5日/15日/25日更新

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-11-15 [ Sat ]
サークルのサイトと、本家のサイト更新が済んだので
こちらでもコミティア110の新刊の情報をガッツリまとめてみます。

spec2_20141117015109395.jpg


frame_banner.gif
COMITIA110新刊|めがねフレーム女子本「in-FRAME」 特設サイト


▽ サークル新刊 [インフレ] について

まずAChaDe-8thの新刊から。
2011年夏に出した『眼鏡×女子 -Glasses Girls Scene-』以来のめがね本です。
今回僕は表紙イラスト・デザイン・企画と色々担当しています。

前回出したそのめがね本は概ね周りからも好評で嬉しい限りだったので
めがね本は定期的に作りたいなあとは思っていたものの、気がつけば3年経ってました。
こないだ出したばっかり、という感覚なので時間の経過が恐ろしくなります…。

タイトルは略すと「インフレ」という語感が気に入ったので
『in-FRAME』というタイトルにしました。
雑誌っぽいタイトルがいいなっていうのもあります。

ただのめがね本にはしたくなかったので、(というのは
サークルの本では毎回のように僕はめがねっ娘を描いている為
結局いつものようなイラストになっちゃうなという理由から)
今回はめがねフレームをテーマにしました。
このフレームだったらこういう子が似合うんじゃないかな?という点を
考えて今回はキャラクターイラストを描いています。
ちなみに前回の本では「眼鏡の女の子が好きになる瞬間」をテーマにしてましたね。

01-12_cover.jpg

カバーは雑誌風にデザインしました。
フォーマットは以前作った『食。』シリーズから引用して、裏表紙には
その前回のめがね本の表紙イラストを使って広告っぽくデザインを。
こういう遊び心、好きなんですよね。
(※ちなみに、この本は既にもう在庫は無いのでご注意を…)

AChaDe-8thでは毎回テーマを設定してイラスト本を作っていますが
その時々のテーマでサークルメンバーの色んなイラストが見れるというのは、
このサークルで活動する上での醍醐味であり楽しみであります。
なので、今回のめがね本では自分の作りたい本が作れたのですごく楽しかったです。
単純に僕、メンバーのファンですし。はい。



spec2_201411170151112e0.jpg


mm1_banner.gif
COMITIA110新刊|カガミツキ総集編「ミラームーンズ 1stMIX」 特設サイト


▽ 総集編『ミラームーンズ 1stMIX』について

そして個人誌の新刊です。
メインの総集編+ゲストトリビュート本がセットになっています。
184ページ+40ページなので実質224ページのボリュームです。

初連載をはじめた去年の夏からこの総集編の構想はありました。
当時は「1stと2ndを同時に出そう!」と考えていたものの、
資金面や作業量面が色々と無理だということでまず1stからになりました。
その代わりに企画したのが別冊のトリビュート本だったりします。


○ 総集編について

まずメインの総集編から。
2010年から2014年までの個人誌・未公開作品・ゲスト寄稿作品などに
プラス描き下ろし作品を含めたまとめ本です。
わかりやすく言うと、5年分の僕の「1stアルバム」です。
1枚目のベストアルバムといってもいいかも。

タイトルは『ミラームーンズ 1stMIX』と名付けました。
由来はもうそのまんまの意味です。ペンネームからそのまま。
カガミツキという名前にする前が、「鏡月(きょうげつ)」という名前だったので
漢字→カタカナ→英語…という流れになります。
通例ながら、収録作品タイトルと同じでカタカナ7文字です。

「1stMIX」というナンバリングは僕の好きな音楽ゲーム『beatmania』からとりました。
小学生の時、このゲームのおかげでロゴデザインに感心を覚えたり、
音楽自体にめちゃくちゃ興味を持ったり、リズム感を叩き込まれたおかげで
バンドでドラムを叩いたり、という流れがあります。
そういえば人生で初めて買ったCDはこのゲームのサントラでしたね。

収録作品は10作品。
初めて漫画を本格的に描いた専門時代の卒業制作作品『カミングアウト』から
祓ってませんよ?第1巻発売時に描いたキャラクター紹介漫画『ハラマセハジメ』まで。
他には2012年にネームを没にした作品を作画を新たに描き起こした『リックリリック』や、
ゲストで寄稿した1ページサイレント漫画『アイデンメガネ』
この総集編の為に描き下ろしした表題作『ミラームーンズ』などが収録されてます。

それぞれ作品には思い入れがあるので、各作品を振り返り
色々と思い出をつらつらと書いた「セルフライナーノーツ」も収録してます。
これ、結構長々と書いています。
当時描いたキャラクターイラストなんかも載っています。

本自体のあとがきも書きたかったんですが、総集編の構成上それが難しく
実現出来なかったので、別冊のトリビュート本の方に総括としてあとがきも載ってます。


○ 別冊トリビュート本について

セットで付く別冊の『ミラームーンズ 1stMIX トリビュート 20141123』について。
この本にはサークルメンバー、仕事上でサポートしていただいた方々、
コミティアを通して縁が出来た方々、総勢32名の方々が参加していただいています。
すっごく豪華な内容になりました!

お誘いしたいなあと考えていた方々をリストアップしてみたら全員で32名で、
中にはバリバリ連載を抱えてらっしゃる漫画家さんもいたので
(半分の方々がOKいただけたら嬉しいなあ)と思いつつ打診させていただいたのですが
なんと全員が快く引き受けてくださりました。言葉が出ないくらい嬉しい限りでした。
本当に本当にご参加いただきありがとうございました。

ゲストの皆様には収録作品の内の7作品から
好きな作品、好きなキャラクターを自由に選んでいただき
イラストを描いていただきました。
中には1pマンガの方もいらっしゃいます。

ゲストさんが何の作品のキャラを描いてくるのかというのもすごくワクワクしました。
どの作品が人気があるのかという別の視点でも楽しめると思います。
僕自身としては結構意外だったりしました 笑

僕自身もトリビュート本には見開きイラストで参加しているので
実質33名が参加している本になりました。

ゲストの掲載順はあいうえお順なんですが、
僕の専門時代からの友人でサークルメンバーであり
同時期から漫画を描き始めて先生とアシの関係でもあるあっつんさんから始まり、
めがね繋がりで縁ができてから、お互い漫画の相談をしたり
色々と交流のある陸野二二夫さんで締まるという流れが個人的に胸熱でした。
完全に偶然ですが!
この二人は良き漫画仲間であり、ライバルです。

mmoons1st_sam01.jpg

mmoons1st_sam02.jpg

○ カバーデザインについて

総集編の表紙イラストはもう頭が禿げ上がる程悩みました。
過去のベストということもあり、装丁デザイン込みでどういうカバーにしようかと。

月をモチーフにした背景もガッツリと描いた1枚イラストが良いのか、
または表紙裏表紙へと続く横長のキャラクター大集合イラストが良いのか、
塗りはアニメ塗りが良いのか、はたまた…と色々迷走もしましたが、
結果的に、表紙には収録作品から10キャラをチョイスし、
効果的にまとめたイラストを描きました。
なぜ10キャラかというと収録作品数が10だったので。

裏表紙には表題作のキャラを配置しました。
結果的にとてもシンプルなカバーになりましたが僕自身はとても気に入ってます。
表紙の10キャラの位置や大きさは僕自身のその作品に対する思い入れなどもありますが
実際のところはトリビュート本でのゲスト人気だったりします。実はかなり。

あと前々からやりたいと思ってた、初めての箔押し印刷をしました。
表紙の銀の月部分に。
これも総集編では絶対にやろうと思っていたので念願が叶いました。

裏表紙には収録タイトルを並べましたが、これは
音楽CDでいうトラックリストみたいにしたいなというアレです。

トリビュート本のカバーデザインは自分のイラストを使わず
ゲストの皆様のイラストを効果的に使いたいという考えがあって
タイトルの文字でトリミングして並べてみました。
その為ゲストの人数である32文字にタイトルを合わせて考えました。
だからあんな長々しいタイトルになっている訳です。

他の周りの飾りについては手癖で作りました。特に意味は無いです。
ただメインの総集編のデザインとは違う印象にしたいというのはありました。

あとこれも初めてですが、トリビュート本の表紙では一色刷りにしました。
金銭面という問題で、というのもあるのですが、
1stMIXのメインカラーをシアン(青)に設定したのでそれに近い色に。
何故シアンかというと、僕が使っているロゴがCMYKの4色ということで
最初はまずC(シアン)からだなっていうことです。
(という事は2ndMIXはマゼンタですね)

完全に偶然といえば、総集編とトリビュート本を横に並べると
二つの「X」から伸びた先がくっつくというミラクルが起こりました。
色々クロスしてますね。偶然です。
ここまでくると必然かもしれません。


○ ほかについて

総集編はB6サイズです。
これは青年コミックスサイズと同じなので、『祓ってませんよ?』と同様
本棚に並べて欲しいなという思いでデザインもしています。

あと、総集編・トリビュート本をなぜ別冊に分けて一冊にしなかったのかというと
「僕の個人誌」と「AChaDe-8thの本」という線引きをしたかったからです。

僕がリーダーとして活動しているサークルAChaDe-8thは
「イラストレーターズセッションサークル」というキャッチコピーの基、
2008年から色んな人たちと一緒に本を作る活動をしてきました。

そういったAChaDe-8thの楽しい面をトリビュート本として企画すること
今までのAChaDe-8thとしての活動の意味みたいなものを出したかったのです。
(なので、厳密にはトリビュート本は僕の個人誌としてカウントしていません)

結果的に32名という豪華なゲストの方々を呼べてとても良い物が出来ました。
これを作りたいがために総集編を作ったといってもいいくらいです 笑

今回の総集編を作るにあたって、「絶対に悔いのないモノにしたい」
という気持ちがすごくありました。
その分2度の延期をしてしまったりもしてしまいましたが…
おかげでそれが実現出来ました。
ゲストの皆様にはご迷惑をおかけしました…重ねがさねありがとうございます。

ちなみに、今回は2010年から2014年の作品をまとめていますが、
その期間に描いたけどあえて収録しなかった作品もあります。
それは2ndMIXにとっておこう的なアレです。はい。

いつになるか分かりませんが、また総集編作りたいです。
その時は再びトリビュート本も…ふふふ。



ccut_comitia109_achade_s.jpg

▽ ということで

長々と新刊について(主に総集編について)語りましたが
来週のコミティア110、宜しくお願いいたします!

COMITIA110
2014/11/23 (日) | 東京ビッグサイト 4・5・6ホール
サークル:「AChaDe-8th」
スペース:「あ01a/b」

個人スペースもとってしまったので、腰を据えてお待ちしておりますw

(※総集編はイベント後、COMIC ZIN様で委託頒布も予定しています)



uwao2_guest_cm.jpg

▽ ゲスト参加もあります


総集編のトリビュート本でもゲスト参加していただいた
竹村さんのとこの新刊「ウワーオだいすき!アンソロジー2」
オリジナルキャラ、オリジナルウワーオをひっさげて
4ページ漫画で参加させていただいてます!

スペースは「け12a」のウワーオ王国!
こちらもぜひぜひ!

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nyolog.blog20.fc2.com/tb.php/1220-9c0ff819

 | HOME | 

2017-10

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • »

twitter/pixiv




ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。